MENU

Loading...

AMPの概要と対応方法がわかる記事まとめ5選

Googleが2015年に公開したAMP(アンプ)というプロジェクトをご存知でしょうか。モバイル端末でのWebページの表示を高速化する為の取り組みで、Accelerated Mobile Pages (アクセラレイティッド・モバイル・ページ)を略してAMPと呼びます。

昨年の10月に発足されたプロジェクトは今月、AMPに対応したモバイル検索が一般公開されました。このオープンソースプロジェクトに参加する企業は着々と増え続けています。今後より広がりを見せるだろうこの取り組みについて学ぶことが出来る記事を、備忘録をかねてご紹介します。

AMP発足の背景がわかる

まずは本家Googleのブログから。AMPを発足させた経緯や、それによってユーザーにもたらされるメリットなど。

AMPの概要がわかる

「海外SEO情報ブログ」より、AMPの機能の詳細について。デモ体験も出来ますが、既に一般公開されていますので、体験はいつもお使いのGoogle検索で。

AMPの対応方法がわかる

静的ページでの対応方法

ほぼ静的ページだとおっしゃる方の実際にAMP対応された方の記事。link要素はcanonicalだけだったり、imgやvideoの代わりにカスタムエレメンツを使わなければいけなかったりと、通常ページと分ける形だと運用コストは大きそう。

WordPressプラグインを使用した対応方法

WordPressを使用されている方には、プラグインでAMP化する方法を解説したこちらの記事を。

WordPressプラグインを使用しない対応方法

WordPressを使用している方で、プラグインを使わず自力で対応させたいという方に。動的なソースを対応するのは、かなり根気が必要そう。。

さいごに

以上、AMPの概要と対応方法がわかる記事をご紹介しました。AMPに対応したWebページは、直接検索順位に影響があるわけではないようですが、ユーザーの満足度が向上し、結果的には検索順位にも影響を与えるとGoogleの中の人が言っていたようなので、今のうちに対応方法については学んでいると良いかと思います。